2011/09/30

『EVER and EVER』

 
 いつのまにか空が遠くなって
両手を伸ばしても届かない

夏の香りどこかいっちゃって
振り返っても風が吹くだけ

心のピースが見つからないや
心のピースが見つからないや
切なさが痛みにかわる瞬間に

なぜか分からない涙じゃない
あなたが横にいたことが
うれしかったんだよ EVER AND EVER


一つ一つ手放した思いは
手のひらの中の砂みたいだね

傷みと一緒に消えない思いは
爪の隙間に残った星の砂だな

心のピースが見つからないや
心のピースが見つからないや
切なさが痛みにかわる瞬間に

なぜか分からない涙じゃない
あなたが横にいたことが
うれしかったんだよ EVER AND EVER


失くしたり振り返ったり
感情の起伏を登ったり降りたり

面倒くさいちょっとやっかい
それでも見守ってくれたの知ってる

心のピースが見つからないや
心のピースが見つからないや
切なさが痛みにかわる瞬間に

なぜか分からない涙じゃない
あなたが横にいたことが
うれしかったんだよ EVER AND EVER